24時間テレビ観覧したな~。嵐がメインパーソナリティーだった2012

日本武道館の観客席から、嵐のひたむきに真摯に取り組む姿勢に、ただただ感動するばかりでした。

私たちが、観ていた朝7:00から21:30まで、嵐のみんなは疲れた顔を、一切見せませんでした。ほとんど寝ていないのに…。

 

あれからもう5年。今年もまもなく24時間テレビですね。

最近番宣が多いので、あの時の感動がよみがえってきます。夢のような幸せな時間だったな~。

 

次から次にステージに、ゲストがやってきます。嵐は、誰が来ても丁重にお迎えし、絶えず紳士的な対応。

 

14時間もの間ずっとですよ~。誰が来てもですよ~。

 

だからゲストは、いつまでも居たいようで、中々帰らず、おかげで嵐はずっとカメラに抜かれていない時間も、笑顔で相手をしている…。

ゲストのみなさんには、早くはけてもらって、嵐にはステージ上でも、休める時は休んでほしいのに、とヤキモキして見ていました。

 

もう嵐みんな良い人過ぎ!!!

 

そうそう、そんなこと思いながら観覧席にいましたね~(笑)

私って本当に至らない人間です(-_-;)

嵐からたくさんの感動とやさしさ、思いやりの心をもらいました。

当選封筒

日テレに、はがきで応募し、2日目のほうで当選しました。

応募はがきは、200枚くらい書いて投函した覚えが(笑)

白い日テレの封筒が届いた時には、飛び上がって喜びました。

 

観覧

朝の集合

2012年8月26日(日)、朝6:30集合だったかな。すでに並んでいる人が多数で、出遅れた感があり、焦りました。

顔写真付き身分証でチェックがあり、ブロック別の列に並びました。

身分証チェックの段階で、別のところへ連れていかれている女の子がいて気の毒でした。すごく悲しそうな不安そうな顔をしていて…、多分入れなかったと思います。

 

観客席への移動

席は決まっておらず、観覧席はアリーナ以外。
階だけ分けられていました。

ブロックごとに順番に並んで、入場の段階になると一斉に走り出す((+_+))。

やはり先に並んでいる人には勝てず…。前のほうの席には座れませんでした。

でもドームではなく日本武道館ですから!十分、嵐は見えます。

 

観客の様子

長い放送時間の間には、前の席も空くだろうと思っていましたが、トイレにも行っていないのではないかと思うくらい、前方の席の人たちは動きませんでした( ;∀;)

さすが嵐ファンは気合が違う。

会場見渡しましたが、99.9%女性の嵐ファン。もちろんみんな大野くんと奈良美智さんがデザインしたTシャツを着ています。

当然私たちも(笑)

 

嵐ファンは、さすがお行儀良いです。邪魔になるような行動は、一切しません。

静かにステージを見て、リアクションが必要な場面では、指示通りに大いに盛り上がります。

臨機応変に対応。おかげでスムーズに進行していたと思います。

放送終了後のお偉いさんの挨拶でも、私たち褒められましたから!(^^)!

 

観客は、テレビモニターは見えないので、武道館の模様が放送されていない時間は、リハと打ち合わせをしているステージを見ているだけです。

念入りにリハするかたもいれば、空気を読んで早々に切り上げるかた、ピリピリしたリハしているかたもいたりと。

リハを見ているだけで人となりが知れ、ちょっと残念な印象に変わったタレントさんもいましたね。

やはりそういうかたはいなくなるものです。今やテレビで見ることがなくなりました。

 

嵐のメインパーソナリティとしての姿勢

嵐は人として素晴らしいです。そしてとても礼儀正しい。

14時間の間、一瞬でも不快な表情を見せることがなく、誰と会話していても、誰が相手であろうとも、人によって態度を変えたりしません。誰に対しても、気を使わせない気遣いをしていたと思います。

関わる人、みんなが笑顔でした。心から頭が下がりました。

今の嵐と全く変わっていない。驕りもしない。決して自分だけが前に出ようとしない。自分の役割を全うする姿勢。

 

そして嵐は仲良し。

ちょこちょこっと話しをして笑いあって、こっちでは軽くストレッチをする松潤、こっちでは椅子に座りくるくる回る翔ちゃん。そんなみんなをやさしく見つめる大野くん。

会場が温かい空気に包まれて、ほっこりするのです。

嵐は、ステージからはけることができませんので、メイクさんが時折やってきては、ステージ上でお化粧直しをしたりして。

普段見ることがない嵐を見ることができ、うれしかった~(#^^#)

 

観客のおトイレ事情

嵐は基本ステージに出ずっぱりなので、私たちもおトイレずっと我慢。

観客が一斉にトイレに行ったのが、新垣結衣ちゃんのコーナーの時。申し訳なかったけど仕方なかったかな…。嵐が全員ある程度の時間、はけるに違いないって思ったのはこの時くらいだったから。

 

感動の場面

たくさんありました。

松潤指揮での吹奏楽部の演奏が、特に印象的です。
放送終了後の挨拶でも、翔くんがこの演奏時の話しをしていました。
それくらい感動があったのです。

演奏がはじまる前、松潤が何度も深呼吸していて…、私まで緊張しちゃいました。

松潤の、成功させてあげたいという強い気持ちが伝わってきて、観客も祈るような気持ちで見ていたと思います。

そして、これ以上ないほどの素晴らしい演奏。感動に包まれ、止まない拍手。

松潤の吹奏楽部のみなさんを思う、やさしい気持ちに、心打たれました。

自分が上手い指揮をしたいのではないのです。吹奏楽部のみなさんに納得の行く演奏をしてもらいたい、という思いが伝わる心からの指揮でした。

だから、指導していた佐渡さんから、松潤の思いに惜しみない拍手とハグが贈られたのだと思いました。

そして嵐のメンバーからの拍手にも、松潤への愛があふれていて、心が震えました。

本当に感動で、松潤のファンで、嵐のファンで良かったと思いました。

 

嵐の未来へのメッセージ

みんな素敵な挨拶でした。

特に私が感動したのが、大野さんのメッセージ。

「松潤、相葉ちゃん、翔ちゃん、ニノ、
どんなときでも笑っていよう!
なにがあっても、5人で乗り越えよう。
そして、この先の未来もずっと5人でいよう。」

思わず、松潤は天を見上げました。涙がこぼれないように。私も松潤と一緒に涙しました。

大野さんからメンバーへのプロポーズみたいでした。

 

そして感動的なフィナーレを迎え、放送終了後、嵐、関係者のみなさんの挨拶がありました。

これも感動でした。←しかし記憶が…。

その後解散。

嵐のやさしさに、直かに触れた気がして、夢のような時間でした。

 

あの時を思い出すと幸せな気持ちになります。嵐のことはきっとずっと好きですね。

 

今年も24時間テレビがまもなく。

翔くんがんばってください!

嵐はグループの完成形 山田くん岡本圭人くんの気持ちがわかったらしい☆嵐あるある

 

Hey!Say!JUMPだけで、メインパーソナリティーを務めるときには、ぜひ観覧したい。

山田くんにも、Hey!Say!JUMPのみんなにも、そしてファンのみなさんにもこの感動を味わってほしいのです。

来年あたりいかがでしょう!


Hey! Say! JUMPランキング
▲ぽちっとしていただけたら幸いです。