第68回紅白歌合戦 当選するには⁉締切迫る!

紅白歌合戦は、わたしが一番好きなテレビ番組です。

一生に一度でいいから、生で紅白歌合戦を見てみたいと強く願っています。

どうしたら当選できるか調べてみました。

嵐が、紅白に出場するようになり、ここ2年を除き、100枚から多くて200枚の往復はがきで、応募していましたが、一度も当選したことがありません。

次々に返って来る落選はがきには、がっかりしたものです。

ずっと不思議に思っていたのですが、返ってきた落選はがきには、ぞれぞれ番号が振られておりました。

 

これに意味があったのです。

紅白歌合戦抽選方法

厳正な抽選とするため、代々木警察の署員監視のもと、番号を振った応募はがきを、宝くじのように、下の桁から一つ一つ番号を選んで、最終的に当選番号を決めるそう。

 

手書きのほうが、気持ちが伝わり、当選しやすくなるかもと思い、一生懸命、丁寧に手書きしていましたが、これは無意味だったようです。

また、一般的な応募はがきには、当選しやすくするため、折り目を付けたり、マーカーではがきの周りに色を付けたり、シールを貼ったりするようですが、紅白歌合戦に関しては、これも無意味。

逆に迷惑になるようです。

返信ハガキに落選のお知らせを印刷するため、機械に通す際、シールが貼られていると、機械に通らないことがあるので、スタッフが丁寧に一つ一つシールを剥がすとのこと。

 

結論!当選するには

はがき大量発送!これに限る。

しかし、1枚の応募はがきで当選するかたもいるので、運ですが、当選倍率を上げるには、多くの枚数の応募はがきを投函するしかないでようです。

 

以下、参考のためまとめました。

応募枚数と当選確率

・2005年(第56回) 50万3,721枚
司会(仲間由紀恵・山本耕史)

・2006年(第57回) 36万5,97枚
司会(仲間由紀恵・中居正広)

・2007年(第58回) 36万4,991枚
司会(中居正広・笑福亭鶴瓶)

・2008年(第59回) 43万5,956枚/当選枚数1,350
司会(仲間由紀恵・中居正広)

・2009年(第60回) 59万1,274枚/当選枚数1,353/437倍
司会(仲間由紀恵・中居正広)

・2010年(第61回) 75万9480枚/当選枚数1300/578倍
司会(松下奈緒・嵐)

・2011年(第62回) 126万4923枚/当選枚数1234/1025倍
司会(井上 真央・嵐)

・2012年(第63回) 117万2420枚/当選枚数1324/886倍
司会(堀北真希・嵐)

・2013年(第64回) 142万7153枚/当選枚数1330/1073倍
司会(綾瀬はるか・嵐)

・2014年(第65回) 138万5357枚/当選枚数1342/1032倍
司会(吉高由里子・嵐)

・2015年(第66回) 102万0005枚/当選枚数1351/755倍
司会(綾瀬はるか・井ノ原快彦)

・2016年(第67回) 99万1306枚/当選枚数1075/922倍
司会(有村架純・相葉雅紀)

嵐の動員力

2009年に嵐が初出場でした。この年から急激に応募枚数が増えていきます。

2015、2016年は、嵐が司会ではないとの事前予想があったので応募者数が減少しました。わたしも然り。

が、それでも、これは、宝くじに当たるより難しい・・・。

 

紅白用はがき

ここ2年は、わたしは意気消沈もあり、嵐の司会ではないとの情報が多く出ていたため、応募しておりませんでしたが、

今年は嵐か嵐メンバー司会、Hey!Say!JUMPが初出場だと思っているので、早くから往復はがきを、まず100枚購入していました。

あと100枚追加購入する予定です。
間に合うかな・・・、急がなければ。

今回は、プリンターで印刷しますから~。楽勝です。楽勝では当選しないかも…(^_^;)

 

観覧申込しめきり

平成29(2017)年10月24日(火)【必着】※24日までにNHKに届かなければ無効になります。

応募方法

あて先:
〒119-0362
NHK「紅白歌合戦」公開係←住所記載不要

郵便往復はがき(私製を除く)の
「往信用裏面」に、来場する方の郵便番号・住所・名前・年齢・電話番号記入し、
「返信用表面」にも、往信用裏面と同一の郵便番号・住所・名前を明記してポスト投函するだけです。

※お客様番号のご記入は不要です。

入場無料ですが、申し込みは、現在、受信料を支払っている方のみです。

一生に一度は見てみたいものです。


Hey! Say! JUMPランキング
▲1日に1回ぽちっとしていただけたら幸いです。