ニノと山田くんのアイドルとしての思いに感動

ニノが、あさイチに出演していました。

ニノって、変にかっこつけたり、変に自分を大きく見せようとしない人。
素敵な人です。

ニノの思いを聞き、山田くんが、装苑11月号で語っていた言葉を思いました。

僕はアイドル。

アイドルがあってこそ、

俳優でもある。

どちらも人と人とのつながりがあってこそ成せる業。

 

「僕のベースはHey!Say!JUMPというアイドルです。

10歳からこの道に進み、自信を持って今の仕事をしています。

アイドル以外何をしたらいいか思いつかないし、きっとできない。

アイドルは天職です。

僕には自分なりのアイドル美学があって、それはザ・ジャニーズのような王道をやりながら、独自の表現活動をすること。

アイドルだからこそできる俳優だし、ライブのプロデュースやバラエティも、アイドルだからやらせてもらえるということを忘れないようにしています。」

 

ニノも山田くんも、客観的に自分を見ることができ、この環境をつくってくれる人たち、またこの道を築いてきてくれた人たちのおかげで、活動できていることをしっかりわきまえているのだと思います。

↑ 人材をあつかう仕事をしているので、つい…(苦笑)

今回のニノの話しを聞き、嵐のファンで、山田くんのファンで本当に良かった。ファンであることを誇らしく思いました。

NHK「あさイチ」
2017年10月27日(金)午前8時15分~9時54分
プレミアムトーク ゲスト:二宮和也

綾野剛さんのニノへの思い

VTRゲストとして綾野剛さんのインタビューから話しが展開されていきました。

「彼の言葉ですごく印象に残っているのが、

『僕は役者ではなく、アイドルだ』

ただエンターテイナーなので、その場所に立ったら誰よりも役者なんですよ。

結局、そこが彼のすごいところで、今、彼が何を求められて、この場所に立っているのか、感覚的にわかっているんですよね。

だから誰よりも役者のにおいが出てくるし、だからこそ、僕も他の共演者もものすごく影響をうける。」

綾野剛さんのことは、実はあまり知りません。嵐ファンであることを、嵐の番組に出演された際にお話しされていて、それは強烈に覚えています。

でも今回のインタビューで、見る目が変わりました。人の思いをくみ取り、ものごとを深く理解しようとする人かなと。そういう人の演技なら、深みもあるだろうし、彼が出演している作品を見てみたいと思いましたね。

 

このインタビューを受けて、ニノが語りました。

僕は嵐をやってなかったら(映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」)呼ばれてないです。

忘れちゃいけないことだなとは常に思います。

自分が同じ年数、俳優さんのお仕事だけをやらせてもらって呼ばれる現場だったかなと思うと、やっぱりそうではないと思ってますね。

一つの作品を作るのにいろんな畑の人がくるというか、俳優さん、アーティストのかたもいらっしゃる。

僕らみたいのもいるし、芸人さんとかいろんな人が集まって作品を作ることが多くなってきているので、自分もその一端として呼ばれているんであれば、自分はやはり俳優になってはいけないなというのがどっかにあって。

アイドルとしてやれせてもらった歌番組とかコンサートとかキラキラした中で得た感覚って、

明確には言えないけど、絶対的にあって、経験値としてはそれは生かせる特性の枠で呼ばれているんだろうなと思うと、より「俺は(俳優)」と言う感じにはならなかったなっていう。

結果論に近いかもしれないですね。

 

そうそうそういうこと!ぼんやりしていた部分が明確になりました。

今回の話しを聞き、あれだけ演技ができる人なので、「謙虚」と受け止められたかたも多いかと思いますが、わたしはちょっと違います。

謙虚でも謙遜でもなくて、素直に自分の立ち位置を明確にしたということかなと。

自分の軸はブレない、嵐でいることが使命であり、求められているこの嵐でずっといるよと言ってくれたのだと捉えました。

それと役者としては、まだまだ見えない上のほうを見ている。

 

他の番組で、ニノが「嵐に還元できるものでないとやらない」と話していました。

しっかりとした軸がアイドル、嵐にあることを語ってくれたニノに信頼感がさらに増しましたね。

継続は力なり。継続することは信頼となります。何よりも強いです。

 

こういう先輩が近くにいることで、山田くんに対する信頼感もさらに増すように思います。

山田くんが言っていた「誰かが欠けてもHey!Say!JUMPじゃない。9人で一つのHey!Say!JUMPという生き物として、息をしている感覚なのです。」

これからもHey!Say!JUMPとして、さらなる活躍を期待します。ずっとキラキラの山田くんを見ていたいから。


Hey! Say! JUMPランキング
▲1日に1回ぽちっとしていただけたら幸いです。