「鋼の錬金術師」ゆる~く感想※ネタバレなし

≪ネタバレなし≫

待ちに待った映画「鋼の錬金術師」公開しましたね。

観てきました!

ファンではない人にもぜひ見ていただきたい作品です!

 

 

そして今日は、初日舞台挨拶。

映画「鋼の錬金術師」初日公開記念舞台挨拶
12月2日(土)丸の内ピカデリー(09:45 開演 上映終了後)

この回を観に行ってきます。

詳しくは後日感想を書きたいと思いますので、今は浅~い感想です。

 

CGの感想

映画が始まる前に、これから公開になる映画の予告が流れていました。

結構CGを使ったものが多い。もちろん洋画です。

最近のCGはすごいな~と思いながら観ていたのですが、←(CGを駆使した映画は基本興味がないため観て来ていない)「鋼の錬金術師」もすごい!

全く洋画のCGに引けを取らないのです。

おかげで迫力が増し、何度か思わず声が出そうになりました(笑)。

まずこれに驚きましたね。

山田くんが、「日本映画からとんでもない作品が生まれた」に嘘はないです。

 

山田くんの声

声のトーンなのか、声色なのか、普段の山田くんの声ではなかったことにも驚きました。

きっとアニメの声に近づけているんでしょうね。

器用な人です。

ファンでなければ、全く違和感なく、山田くんの声だと認識し、映画を見終えると思います。

 

IMAXの感想

(※IMAXとは、床から天井、左右の壁いっぱいに広がる大型 スクリーンを通常より客席に近い場所に設置。スクリーンは鮮明で明るく、どこの座席に座っても最高のサウンドを楽しめる。)

席について、スクリーンまで近すぎたかなと不安になったくらい近い印象です。

実際、映画がはじまると違和感なく、近すぎる印象が消えていました。

音響も素晴らしく、身体の芯に響く感じが、臨場感をさらに掻き立てているように感じました。

思っていた以上に良かった。

12月2日は、1回目の初日舞台挨拶のあと、MX4Dでも座席予約しています。

MX4Dは、座席が動いたり、においがしたり、風が吹いたりするんですよね。楽しみです。

見比べてみたいと思います。

 

ストーリーの感想

原作は、映画を観てから見ようと決めていたので、無知な状態で観ました。

人間の弱い部分に踏み込んだ内容で、痛いところをつかれた気がしました。

「生きること」「死ぬこと」の意義を問いかける作品と捉えました。

多かれ少なかれ、生きていれば、敵味方が共存することや、正義と悪のとらえ方が、その時々で変わることもあります。

まさに、映画で問題提起された気分です。

飽きなく、ハラハラドキドキで観られたのは、原作を知らなくても、わかりやすく、丁寧なストーリー展開になっていたからだと思います。

よくまとまった映画です。

 

一番の感動ポイント

感動し、涙した箇所が数か所あったのですが、わたしが一番グッときた部分は、エンドロールで、最初に「山田涼介」という文字を見たときです。

このような大作で、一番最初に名前が出るまでになったことが、なによりうれしかった。

山田くんの努力が報われたように感じました。

もちろんこれから、もっともっとたくさんの作品に出会って行くと思いますが、まずひとつ山を越えたようで本当にうれしかったです。

 

山田くんは、笑いの間のセンスも抜群で、感情の高ぶる演技には引き込まれ、感動の連続でした。

そしてあのアクションのすばらしさ。

監督が言っていたように、山田くんでなければ、この役は成り立たなかったと思います。

 

さあ!初日舞台挨拶たのしみです♪

どんな山田くんが見れるかな。


Hey! Say! JUMPランキング
▲ご協力していただけたら幸いです