ヒット番付順位は⁉Hey!Say!JUMP表紙「日経エンタテインメント」

日経エンタ1月号の表紙が、Hey!Say!JUMPです!

う、うれしいーーーーー涙。

2017ヒット番付、東の”前頭5枚目”ですよ~。

日経エンタテインメント
2018年1月号 250号記念特大号
表紙:Hey!Say!JUMP

日経エンタテインメントの表紙だけでも

すごいのに、1月号の表紙です!

2017年の顔だったということです!

しかも、いろんなページに「山田涼介」の名前が…涙。

掲載ページ

ニュースの顔

NHK紅白歌合戦←Hey!Say!JUMP

特集

PART① 2017ヒット番付←東の”前頭5枚目”Hey!Say!JUMP

PART② 年間ヒットランキング(CDアルバム年間ランキング)←8位ベストHey!Say!JUMP
PART⑤ 男優・女優80人 お仕事通信簿←U-25(25歳未満)山田涼介

注目作研究

鋼の錬金術師ワールド後編
インタビュー 山田涼介

インタビュー

Hey!Say!JUMP 10周年に思うこと

10周年の記念すべき年に初の「紅白」出場が決定、セールス、動員とも右肩上がりの9人組が登場。「Hey!Say!7」「Hey!Say!BEST」の2組による座談会で、今の自分たちの立ち位置を語る。特写ピンナップ付き

 

特にわたしが、気になった記事についてです。

「PART⑤ 男優・女優80人 お仕事通信簿」

俳優の1年間の活動を、ドラマ、映画、CM、舞台主演や出版物など5つのジャンルから得点化する通信簿特集。

2017年に注目を集めたと編集部が考える40人を紹介。

U-25(25歳未満)の部にありました!「山田涼介」

今年は、ドラマがなかったにも関わらず、56点!

ドラマ出演がなく、選出されているのは

山田くんだけですから!

メディアへの露出も、ハガレンは12月

だったため、きっとカウントされてないと思うし…。

なのにです。これはすごい(#^.^#)。

 

来年は、U-35(25~34歳)の部になります。

1月にはドラマがありますし、

1年後も楽しみにしたいと思います。

 

もうひとつ紹介したいページは、

「インタビュー Hey!Say!JUMP 10周年に思うこと」

すてきな紹介から始まっています。

Hey!Say!JUMPのコンサート取材にはいつも覚悟して向かっている。

会場への入退場時、尋常じゃない人の波に呑み込まれ、身動きが取れなくなるからだ。

同じ会場には頻繁に来ているのに、ここまでにはならない。

いったい何が起きているのか。・・・

CD,アルバムのセールスがジャニーズ3位であることや、

カレンダーの売上が、前年の4割増し。

ファンクラブの会員数の顕著な増加など紹介され、

”尋常じゃない人の波”も納得がいくと説明が(#^.^#)。

最後は、「大みそかには『NHK紅白歌合戦』初出場も決まった。9人組の快進撃はまだまだ続く。」と結んでありました。

 

インタビュー①山田涼介+知念侑李+中島裕翔+岡本圭人

ドームが埋まらなくて、全員で集まって

話し合いをしたことで変わっていったことや、

JUMPファンの黄色い歓声がすごいと。

自慢したくなるそう。

など、4人が話してくれていました。

 

そんな中、ファンのマナー問題が気がかりだそう…。

山田くんが、ファンは、僕らからしたら

すごくかわいい存在。

そんなファンに問いかけた光くんを思いやり、

ルールを守ってほしいことを訴えていました。

自分たちが、メンバー同士で支え合っている

みたいに、ファン同士もそうなってほしいと。

初の3大ドームツアーもはじまります。

気持ちよく注意し合える関係にならないといけないですね。

 

ここまで来たかと、本当にうれしく思った「日経エンタテインメント1月号」。

山田くんのファンであることがわたしの誇りです。

まだのかたは、記念のためにも、ぜひ1冊!


Hey! Say! JUMPランキング
▲ご協力していただけたら幸いです