【ポポロ】山田涼介であるための5つの使命

中身もイケメンな山田くんが満載♪

「ファンの子には”守られている”と思ってる」がすごく印象的でした。

 

確かに、いろんな場面で、山田くんのために戦っているファンのかたを見かけますね。

ファンのかたの思いは、しっかり山田くんに届いてる。

こんなふうに、ファンに届くように伝えてくれる山田くんがいいです。

 

ポポロ 2018年1月号

山田涼介であるための5つの使命

巻頭で掲載されていました。

「俺は立ち止まらない。

突き進みながら

乗り越えていく。」

1. 思いやりと信念

『やると決めたら、ブレずに突き進んでいく』

「(略)グループのセンターとして、絶対に譲れない立場で「先陣をきる」。

困難にぶち当たることもあるけど、そんなときは迷わずに一瞬で決めて行動に移す。

考えている時間がもったいないし、行動することで道が開けると信じているからね。」

”行動することで道が開ける”は、ブレない自分がいれば、迷わず行動できるということで解釈しました。

山田くんの言葉を聞いていると、わたしってブレブレでしたね…。

 

2. 家族や仲間との絆

『”山田涼介”でいさせてくれる大切存在』

山田くん家族は、コンサートに必ず来てくれるそう。映画の初日舞台挨拶もそうですよね。

愛されて育ったお顔をしています(*^-^*)。

 

3. 守りりたいものを持つ

『ファンの子には”守られている”と思ってる』

「俺も実際にファンに守られているし、家族やメンバーは守りたい存在」ですって。

た~くさんの山田くんの愛を感じました!

 

4. 挑戦

『俺の挑戦は、また新たにはじまったばかり』

鋼の錬金術師という、とてつもなく大きな規模の作品に主演させてもらってことで、『俺はまたここから新たにスタートだ』と思っているそう。

「役に目標はなく、役者山田涼介を選んでくれた作品に全力で取り組みたいと思う。それが俺の挑戦」

何にでも挑戦することが、何より重要なこと。

よくわかってらっしゃる!

 

5. 何かにとらわれない。

『とらわれないからこそ今の俺がいる』

曽利監督が「ついていきたくなるような主役で、漢(おとこ)の中の漢」と、評してくれたそう。

山田くん自身は、とても光栄だけど、漢のなかの漢がどういう存在なのかわからない。

漢ならどうあるべきか考えたこともないと言っています。

”何かにとらわれる”ということを、嫌っているからかもしれないと、分析していました。

自分は自分でしかないから、ただそれだけなのだそう。

 

正解です。

何かにとらわれると、視界が狭くなり、窮屈な生き方しかできなくなりますものね。

24歳か~。

教わることばかりです。

夫がいまだに言いますね。「1%の可能性を100%信じて、あきらめないで頑張ればいいって山田くんが言ってた」って。

これを言えば、わたしが黙ると思って、シャレっぽく言ってますけど、かなり心に響いたんだと思います。

青木アナの座右の銘になったくらいですからね。

きっといろんなことを、悩んで悩んできたからこそ、この境地に辿り着けたのではないかと思うのです。

これからも、山田くんから言葉をたくさん聞きたいです。

今回のポポロもおもしろかったです。

このほかにも、

カメラマン裕翔が本領発揮!
僕にしか撮れないリラックスJUMP

で素敵な写真をいっぱい撮ってくれています。

山田くんが、スタジオに入って2匹の猫を見つけた瞬間、抱っこしていたそう。

▼寝ちゃいそうな猫ちゃんかわいい。安心しきってる♪

ポポロ2018.1月号①

ポポロ2018.1月号②

可愛すぎて飼いたい!ですって~。

猫派のわたしとしては、とってもうれしい!

ぜひ猫ちゃんも家族に加えてほしい!

やさしい顔の山田くんも満載!

わたしまで幸せな気持ちになりました(笑)。

 

このほかの企画として、

「2017年 月間人気No.1大展覧会」

があったり、JUMPファンが喜ぶ企画満載でした!

山田くんたくさん選ばれてました(#^.^#)。

『正真正銘の王子様で賞』に、

『キュートすぎな仲よし賞(山田涼介&中島裕翔&岡本圭人)』』

『ふたりだけの空間賞(山田涼介&中島裕翔)』も、もらってました!

コンビ編やSEXY編、笑顔編、仲良し編まで!

山田涼介記念館のようでしたね(笑)。

 

ポポロさんありがとうございます!

来年もよろしくお願いします。


Hey! Say! JUMPランキング
▲ご協力していただけたら幸いです